TOP > ソフトエナジーデバイス連携開発拠点(Collaborative Development Site for soft energy devices)

ソフトエナジーデバイス連携開発拠点(Collaborative Development Site for soft energy devices)

K-ARCに、「ソフトエナジーデバイス連携開発拠点」を2018年4月に設置しました。ソフトエナジーデバイス連携開発拠点では、次世代エネルギーとして注目されるソフトエナジー(風力、太陽光、バイオマス、水素などの再生可能エネルギー)を高効率で運用するために必要な各種のデバイスを、企業やその他の研究機関と連携して社会への実装を最大の目的とした研究開発を展開しています。リサーチアドバイザーとして国立研究所の各分野の専門研究者にもご協力を頂ける体制を整えており、産官学の連携によってソフトエナジー実用化を推進する拠点としての機能を備えています。

国立高専機構所属の研究者が有するソフトエナジー実用化のブレークスルーとなり得るシーズを発信し、パートナーとなる国内外の民間企業を募り、リサーチアドバイザーの見解をもとにマッチングを致します。現在は電気二重層キャパシタ、燃料電池に関する4件の共同研究を実施しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


(C)2019,独立行政法人 国立高等専門学校機構 鶴岡工業高等専門学校 佐藤貴哉研究室. All rights reserved.