TOP > 更新履歴 > 本研究室の研究成果が摩擦及び潤滑の国際専門誌(lubricants)に掲載されました

本研究室の研究成果が摩擦及び潤滑の国際専門誌(lubricants)に掲載されました

本論文には、ハイドロゲルとして合成されたダブルネットワークゲルに内包される水を溶媒置換法でイオン液体に置き換えることで、高温条件下でも極めて低い摩擦係数を安定して発現できるイオンゲル材料を開発したことと、そのゲルの物理化学特性と低摩擦性能の評価結果が報告されています。

 

イオン液体を含有する低摩擦ゲルの画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筆頭著者 Hiroyuki Arafune(荒船博之准教授)
責任著者 Takaya Sato(佐藤貴哉教授)

 

↓↓オープンアクセスジャーナルで、どなたも無料で読むことが可能です↓↓

 

Abstract: http://www.mdpi.com/2075-4442/6/4/89
HTML Version: http://www.mdpi.com/2075-4442/6/4/89/htm
PDF Version: http://www.mdpi.com/2075-4442/6/4/89/pdf

 


October/10/2018
Category: 更新履歴

(C)2019,独立行政法人 国立高等専門学校機構 鶴岡工業高等専門学校 佐藤貴哉研究室. All rights reserved.