TOP > 研究 > 研究室の実験機器 > 物性測定装置 > 顕微鏡観察 > 走査型プローブ顕微鏡(SPM)

走査型プローブ顕微鏡(SPM)

非常に微細な探針(先のとがった針)を物質表面に近付けた時に流れる電流や引力を感知して物質表面の形状を観察する特殊な顕微鏡です。原子間力顕微鏡(AFM)と呼ばれることもあります。研究室では直径130nmの微粒子が規則正しく配列した状況を観察しました。


Category: 顕微鏡観察

(C)2016,独立行政法人 国立高等専門学校機構 鶴岡工業高等専門学校 佐藤貴哉研究室. All rights reserved.